読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多アワー

テラの上はペタ。

【無職必見】日払いバイト(日雇いバイト)をやろうと思っているあなたに贈る記事。真面目な無職は働けないのか。

こんにちは! 鼻っ柱お団子虫です。

突然ですけど、みなさんは日払いのアルバイトをやったことはありますか?

俗に言う【日雇い労働】というやつです。

日雇い - Wikipedia その名のとおり、1日限りの雇用形態のことをいうアルバイトですね。

「金欠でピンチ!チャッと働いてすぐにお金がほしい!」という方や「明日は何も予定がないから1日だけ働くか。鬱。。」という時にとても便利なこのシステム。

世代の方は分かるかもしれませんが、今から10年くらい前の僕が高校生の時グッドウィル)やフルキャスト)なんかがバンバンCMやってて話題でした。 (その後、二重派遣問題とか給与未払い問題とかニュースでも話題になったけど)

当時は近所のファミレスでも普通にアルバイトもしていたんですが、なにぶんその月に働いた給料がもらえるのが翌月末とかなもんだからドンキやコンビニで無駄遣いをしたりして、気づくと金欠になってたりするんですよね。

そんな時に彗星のごとく現れたのが日雇いバイト。

今でこそ一般的になってますが1日働いたら翌々日には給料がすぐにもらえるって結構画期的だったのを思い出します。(日払いじゃないパターンもあるけど)

なのでご多分に漏れず、高校生だった僕も友達とフルキャストに早馬のごとく派遣登録しにいきました。(今も高校生が登録できるのかは知らん)

登録した帰り道、友達とプリクラを撮って「今日からお金持ち!」とか「稼いだ金で女の子買っちゃう!」とかまだ働いてもいないのに馬鹿みたいに書き込んでました。完全にアホの部類に入ると思います。

しかし、働いてみたら働いてみたで紹介される仕事は引越しの手伝い(重労働)しかないし、出退勤報告(家を出る時・現場に着いたとき・仕事が終わった時に必ず担当者に電話)が必須だったり、給与はいちいち印鑑と身分証をもって事務所に取りに行かなきゃ行けないみたいなめんどくさいルールで馬鹿らしくなり全然働かずに終わった記憶があります。

そんな僕なんですが、久しぶりに日雇いのアルバイトに登録してみようと思い立ちました。金がないからです。

インターネットで”日払い バイト”なんて検索したら腐るほど色んな会社が出てくるご時世。

「日給2万4,000円も可能!」とか「給与全額日払いOK!振込みOK!」とか本当なのか嘘なのか分からないような魅力的な文言のオンパレードでまんまと目が¥になってしまいます。

今はいちいち交通費を使って登録説明会へ行かなくても簡単にWEBだけで登録ができちゃう派遣会社も多いです。

「ん~、やっぱり時代のニーズに合わせて色々べんりになったのだなー!」と思いました。

しかし、「お金ないから数日だけ日払いバイトしよ♪」なんてお気軽に考えている僕のようなあなた。 ある条件に当てはまっていないあなたは日払いで働くことが出来ないかもしれません。

何故なのかは以下のやり取りに書いてありますよ!

これから日雇いのアルバイトやってみようという方はこの記事を読んでから考えましょう。 なんでって恥かいちゃうからね。

応募の電話、そして事実を知る。

【日払い可!(規定あり)働いた分はすぐにGETできちゃう!簡単ワーク多数!】

と打ち出していた派遣会社。(実名さらそうかとも思いましたがクレーム来てもめんどくさいのでA社としておきます。)

実際にこんなのがフロムエーやバイトルみればすごいいっぱい出てきます。

ここはWEBで必要事項の入力と身分証の写真を送るだけOKという事で、交通費も時間も無駄にしたくない怠惰な僕にぴったりだったのでここに登録してみることに。

登録後、すぐさま直近の仕事情報メールがバンバン飛んできます。

その中のいくつかに目を通していると【時給1,100円 ○○駅で住宅展示場のプラカード持ちもしくはビラ配り 10時~18時】という仕事を発見。

「家から近いし、プラカードを1日持ってるだけで日給9,000円近くもらえるんかい!誰かに取られる前に即応募じゃい!」と紹介してくれた支店へさっそく電話をかける。

担当者:「はい、A社です。」

僕:「本日派遣登録させていただいたものなんですが先ほどメールで飛んできた○○駅のプラカード持ちの求人に応募させていただきたいんですがまだ募集されていますか?」

担当者:「え、はぁ、え~・・ありますね。まだ募集してますけど。」

僕:「(は?何でそんなにやる気がなさそうなの?)それじゃあ、ぜひそちらのお仕事したいんですけど。」

担当者:「そうですか、それじゃ少々待っててもらえます?」

僕:「(少々お待ちいただけますか?だろボケ!)お願いします。」

担当者:--1分後。「えーと、○○駅のやつですか?」

僕:「(さっき○○駅っつっただろ2回確認するんじゃねーよ!しかも待たせておいてまずはお待たせいたしましただろハゲ!)そうです。」

担当者:「そうですか、ん~、こちらプラカード持ちとビラくばりがあるんですけどどっちがいいですか?」

僕:「(プラカードだって最初に言っただろアホが!)プラカードでお願いします。」

担当者:「はい、プラカードと・・。・・・・・・・分かりました。あ、就業前に就業規則書を読んでいただくのと職歴送ってもらうのと顔写真の登録をしてもらう必要があるんですけどそれってもう済んでます?」

僕:「いや、それはまだですけど。」

担当者:「それじゃあ、そちらお願いします。先ほど飛んできた紹介メール宛に送ってもらえればいいんで。送れたらもう一度電話ください。」

僕:「(めんどくせえな!つうか早く言えや若造が!)分かりました。それではいったん失礼します。」ガチャ。

言われたとおり、就業規則を流し読みし職歴を送り、顔写真をサイトにて登録。再び電話をかける。

僕:「先ほど電話で○○の応募したものですけど、顔写真の登録とか終わりましたのでご連絡しました。」

担当者:「あ~、終わりましたか。はい、えー、あ、○○さんは#$%!!:;+についてどれかに該当しますか?というかご存知ですか?」

僕:「(あぁ?!ごにょごにょ言ってて何も聞こえねえよ!)なんですか?よく聞き取れなかったんですけど。」

担当者:「派遣法です。日雇い派遣の法律が変わって基本的に次のどれかに該当してないと働くことができないんですけど」

僕:「(だからそういう大事なことを早く言えって言ってんだろクソが!)該当項目って何ですか?」

担当者が言うにはこうだった。 2012年10月の日雇い派遣法改正以降、以下の者以外、原則日雇いバイトは出来なくなった。
  • 60歳以上の方
  • 学生の方(雇用保険の適用を受けない学生に限る)
  • 年収500万以上の方(副業として働く)
  • 世帯年収が500万円以上で主たる生計者でない方
※雇用期間が30日以内の日雇派遣のみ。雇用期間が31日以上の派遣業務は禁止されていない。 また、募集企業から直接雇用されるアルバイト・パートについては、雇用期間が30日以内のお仕事であっても禁止されていない。

その事実を聞かされ僕は思った。

は?バカじゃねぇの?   

と。

つまり無職は生活苦になっても容易に日銭を稼ぐことすらできなくなったのである。

政府が言うには、定職率の上昇増加を狙っての事、離職率低下防止施策としての側面がある。ともっともらしい事を言っているが 要は「日払いバイトなんかしてその日暮らしの生活してないでさっさと普通の定職について働きアリのごとく働きやがれ。」という事だろう。

…生きにくい世の中だ。 そもそも、年収500万以上の人たちはわざわざ日払いのアルバイトなんてするわけがないだろう。 そして60歳以上の人たちが力仕事などの戦力になるだろうか?などバカみたいな法律にいろいろ疑問が湧いて出る。全くもって意味が分からない。

僕:「いえ、どれも当てはまらないですね。。」

担当者:「それじゃあうちでは雇用できないですね。・・・すみませんが失礼します・・ガチャ、ツーツー。」

終了の鐘が鳴り響きました。

ていうか条件どうのこうのっていうか、応対が最悪。 段取りも悪い、言葉遣いもなってないっていう派遣会社に当たってしまい無駄な時間を費やした挙句、個人情報を無償で提供しただけの結果となりました。

収穫は日雇い派遣業法について勉強できてこの記事を書けたことくらいかな。

すっかり働く気力をなくした僕。そう、ベーコンは心が簡単に折れやすい事で有名だったんですね。

金欠の分は地道にカードローンで凌いで、今まで通り細々とライターやってようと固く誓った日でした。

みんなも気をつけてね。

www.baitoru.com

www.froma.com

アルバイト・バイト探しならマイナビバイト-全国の仕事・求人情報が満載

(おわり)

田園都市線のラッシュアワーがハンパなかった

こんにちは! おととい下痢太郎です。

8月が終わりましたね。 むしむしと暑い日々が続いていたので9月に入ったらもう秋はすぐそこ。 日が沈むのも急に早くなってきました。

「涼しくなればやっとグレーのTシャツが着れるぞ〜♪」 とウキウキしてましたが、いきなりクソ暑くて「やっぱり今日も大人しく寝ていよう」な今日この頃です。

さて 突然ですが、みなさんは

電車好きですか?

「そうだね~特に気動車が好きだね。東北は秋田のJR五能線、キハ40なんかもベーシックでいいね。」

ディーゼルが好きなんだ?キハ28系や58系なんかもあの鉄の固いかんじが渋くていいね。」

「単線も良いけど俺はやっぱり新幹線。北海道新幹線なんかカラーリングが未来的だよね。E5系H5系の駆動式だけど実はWN駆動方式の一種で・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんて声がどこからか聞こえてきそう。良いから黙れ。

そんなタモリ倶楽部的な話ではありません。

通勤や通学など、都心で生活している人にとっては電車という公共機関はまず欠かすことが出来ないと思います。

日本の鉄道は世界一運行時間に正確ですしね。アナウンスも親切丁寧、車内も綺麗だし良いですよね。

いやいやいや、馬鹿か?

僕は電車が好きではありません。

理由は明快です。

朝と夕方のラッシュが死ぬほど嫌いだから!

電車に乗るくらいなら車で行きます。二駅三駅くらいだったら徒歩で向かいます。 昔から電車に乗らずに通勤・通学する為に、なるべく職場や学校の近くに住むというのが自分の中の鉄則でした。

しかし、おととい諸事情ありどうしても朝のラッシュのどピーク時に電車に乗らなければいけなくなりました。

しかもあのスーパー激混むことで有名な東急田園都市線に!!

朝のラッシュなんてしばらく体験していなかったので憂鬱でした。

「まぁまぁ、落ち着け。言うても田都は本数も多いし乗るのも7時半でちょい早いし想像よりは空いているだろ。」

なんて思ってたんですね。

駅に到着。

既に人でいっぱい。

で渋谷方面行きのホーム・・・・・・・・・・・・・・・

言わずもがな、サラリーマンのおっさんや学生でいっぱい。

列車(急行)到着。

え、これ乗れる?ってくらい人いっぱい。降りる人はほぼいない。

並んでる人はゾンビのように一斉に乗車。

拒否することも出来ず流れのまま車内に押し込まれる。

駅員さんに強引にぎゅうぎゅう詰めにされ、扉がしまる。

既に息が苦しい。

若い女性が僕の前に。(ちょっと嬉しい。)

痴漢と間違われないようにしなくてはいかんと思い、両手を上げるか吊革につかまろうかと思ったが手を動かすことすらできず。 (今この状態で手を動かしたら確実にお尻に触ってしまうって状態わかります?)

つか汗だく。

周りの人たちの顔を眺める。

「こんなのあなたたち毎日乗ってんの???????!!!!!!!!」

ドMかよっっっ!!!!!

本気でそう叫んでやりたくなりました。

ますます電車が嫌いになった僕でした。

そりゃああんなの乗ってたら痴漢の冤罪にされる人も出てくるし気分悪くなる人だっているわ。

引っ越そう。

www.homes.co.jp

【サザエさん】の視聴率悪化問題について

こんばんは!

バニラ味友の会です。

 

 

つい先日、寝る前の日課であるYahoo!ニュースの流し読みをしていたらこんな記事を目にしました。

 

bylines.news.yahoo.co.jp

 

・・・・なんだってー??!!!!

こんな事実、知らなかった。

 

 

子供の頃からサザエさんが大好きで、大人になった今でもほぼ毎晩のようにYouTubeで昔のサザエさんを片っ端から鬼視聴し日頃の疲れを癒している僕にとって、このニュースはとても気になったんですよ。

 

 

日曜夕方6時半のスーパーゴールデンタイム。家族でご飯を食べながら毎週楽しみに視聴していたあの頃・・

 

 

毎度おなじみサザエさんとのジャンケンが終わり、番組スポンサーが流れだした直後

「あぁ、日曜日が終わる・・明日からまた学校なのか・・」

と一気に現実に引き戻されるあの感覚。物悲しく寂しく、誰かにそっと抱きしめて欲しくなるようなあの気持ち。

誰しも1度は経験があるんじゃないだろうか。

 

 

サザエさんといえば平均視聴率が軒並み20%近く、最高40%OVERを叩き出したアニメでは異例のモンスター番組。

子供からお年寄りまでほぼ万民に愛され、その存在を知らない国民を見つける方が難しいはず。

野菜でいうオクラくらい認知度があると思う。

 

「あなたはカレーが好きですか?」

『好きです!』

この流れのカレー部分をたとえサザエさんに置き換えても同じことだろう。

 

ていうか1997年まで火曜日も放送して週2回やっていたからね!

日曜放送して月曜挟んで火曜また放送する(もちろん新しい話)って、子供ながらに「アニメ作る人は大変だなー」なんて思ったりしたもんです。

 

 

前置きが長くなりました。

とにかく、そんなアニメの枠を飛び越えて心の拠り所にまでなっているサザエさんがこのまま視聴率が悪化し続け

サザエさん〇〇年の歴史に幕 視聴率悪化とまらず

なんてことになったらこの先何を頼りに人生を歩んでいけばいいかわかりません。

 

 

記事中では視聴率が落ちた原因について探っています。

核家族化による時代錯誤、団塊世代サザエさん卒業、若者のテレビ離れなど。

 

 

もちろん、それも否定できない。

少子高齢化だもんね。団塊世代はそろそろ死にはjmr・・。スマホ楽しいもんね。

 

 

しかしッ!!

 

 

 

しかすぃッ!!

 

 

圧倒的に視聴者の意識をサザエさんから遠ざけた出来事があると僕は確信した。

 

 

いや、薄々気づいているけれどこれを声高に豪語しようものなら何がしかの力が働き、確実に背中を刺されるので誰もがただただ黙って口を閉ざしているというのが正しいところだろう。

 

 

 

そのまま誰もがだんまりを決め込むのならば、日本で23番目くらいにサザエさんが好きな僕がその事実を口にしよう。

平和なままでは何も生まれない。(サザエさんなのに)

 

 

 

 

視聴率悪化の原因、

ずばり!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

波平と舟の声の、未だ拭えぬ違和感!

 

 

 

 

www.youtube.com  

あれ、僕はまだ引き続きちびまる子ちゃんを見ているんだっけ??

 

 

 

youtu.be

てか音が!!!聞こえづらッ!!!

 

 

 

何が言いたいかっていうと、子供のころから刷り込まれた認識や習慣て怖いですねってこと。

 

 

 

 

もうリアルタイムで見ることはないかな。

ドラえもんのように・・・

 

 

 

 

 

あれだけど。

さんざん好きとか言っておいて。

・・あれだけど。

 

 

 

(おわり)

どこの誰よりも怠惰な僕がブログに挑戦

こんばんは! ちんちんシャブオです。

ただただ惰眠を繰り返すだけの日々を送る無職の僕ですが、知り合いのライターさんに感化されてしまったのをきっかけに今日からはてなブログを始めてみようと思う。

僕は昔から何かを続ける事ができない性格で自分の中ではちょっとした有名人だ。

どれくらい続けることが出来ないかというと、その事例を下記に記そう。

・小学3年の時に突然飼いはじめたザリガニ4匹⇒ロクに世話せずたった2日で1匹のザリガニが他の3匹を共食い⇒ドン引きして近所のドブ川に投げ捨てる、正味3日

・中学2年の時に初めて付き合った彼女⇒セックスした過ぎてたまらない僕⇒付きあってすぐのある日、彼女の部屋でベロチューからの流れで半ば強引にベッドに押し倒したらえらい泣かれてしまう⇒付き合ったらすぐにヤレると思ってた僕、エロ漫画とは違うのだな〜という現実をはじめて思い知る⇒「頭冷やしてくる」と逃亡⇒そのままめんどくなって着信拒否、自然消滅、正味付き合って6日

・高校の時に友達に誘われて入部したバドミントン部⇒練習2回だけ出る⇒自分の運動神経の悪さに絶望⇒すぐに行かなくなる⇒ろくに練習もしてないのに顧問に無理やりエントリーさせられた最初にして最後の他校との試合を当日「お腹痛い」とバックれ⇒青春よりも金に目がくらんだ結果バイトに明け暮れ、稼げる虎となった僕⇒その後部室には一切顔を出さぬまま引退(それでもちゃっかり卒業アルバムの部員集合写真には写る)部活動期間正味1週間

・高校卒業後、モテそうだし若い女の子いっぱい触れるから最高という理由で美容師に憧れて美容専門学校へ⇒ワインディング(ロッドという道具で髪をひたすら巻いていくやつ)の授業がクラス1出来なさ過ぎてたいした努力もせず挫折⇒毎日先生に怒られてばっかりで学校がくそつまらなくなる⇒無断で休みまくり、正味入学から3ヶ月でフェードアウト

・社会人になり就職した会社で営業マンになる⇒毎日営業車で鼻をほじりながらYouTubeを見たりFMヨコハマを聞いたりして過ごす⇒当然売れるわけがないので毎週会議では上司にボロッカスにどやされる⇒腹は立つわ馬鹿馬鹿しいわで無断欠勤⇒そのまま退職 正味6ヶ月

・流行の波に乗ろうとはじめたTwitterは2日、instagramは3日、ポケモンGOは5日で飽きる←NEW!!(イマココ)

とまぁ、こんな感じである。 言わずもがな、これはほんの一部にすぎない。

普段から、口にしたり行動に移したはいいもののまったく続かず自分のだらしなさやクズっぷりに心底嫌気がさしている人がいるとするならば、僕を見てズバリ安心してほしい。 そして、そんなあなたにこの言葉を贈ろう。

「下には下がいる。」

そんな僕なんかがブログを始めようとするのだから、一体全体何を考えているんだ死ねという人がいるかもしれない。

それはごもっともだ。

だけどブログをやりたい理由はいくつかある。

①なんか楽しそうだからというノリ

②文章を書くのは昔から割と好きだからという感情

③ブログの人気が出てきたらブロガーとして本とか出しちゃってふらっと立ち寄ったキャバクラのキャバ嬢にチヤホヤされてなんやかんやありつつ、一発出来るかもしれないという妄想  (ITリテラシーが高そうな人たちがいっぱいいそうなはてなブログを選んだのもこのためだ)

こんなかんじ。

あとちょっとでも継続癖をつけていきたいってのと、僕のつたない文章で少しでも笑ったり元気になってくれる人がいればいいかな。

いや、これまじで。ほんとに。ほんま。

自分の備忘録としても活用したい。

とにかくつらつら記事書いていきたいと思いますYOROSIKUONEGAISIMASU。

f:id:shunsuke_imai:20160830002321j:plain